ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


宮本浩次ソロ活動始めるってよ。

椎名林檎ってすげえよな」

久々に会った知人がそんなことことを言っていた。椎名林檎と言えば2018年にエレカシ宮本とのコラボ楽曲を発表しているが、それより前にはウルフルズのトータスとコラボ楽曲を発表している。彼(知人)曰く宮本とトータス、それぞれの色に合わせた楽曲を作って魅力を引き立てるのが上手い、とのこと。

確かにその通りだと思う。

椎名林檎とトータスの楽曲「目抜き通り」と椎名林檎エレカシ宮本の楽曲「獣ゆく細道」は作風が全く異なり、椎名林檎がそれぞれ2人の為に作った楽曲だ。だから仮にボーカルを入れ替えて演奏しても上手くいかないだろう。


椎名林檎と宮本浩次-獣ゆく細道

2018年は、まずこの椎名林檎エレカシ宮本のコラボ楽曲「獣ゆく細道」が発表され、次に東京スカパラダイスオーケストラエレカシ宮本のコラボ楽曲「明日以外全部燃やせ」が発表された。

発表された当時のぼくの心境としては、有名とは言え今の若い世代にはエレカシ知名度は低いだろうによくスポットライトが当たったな、という驚きと同時に、嬉しさもあった。

というのも、エレカシ宮本は歌が上手い。とても上手い。日本で最も過小評価されているボーカリストの1人である。そんな宮本が林檎ちゃんやスカパラから指名を受けるのは、まるで宮本が世間にも認められたような気がしてぼくもまた嬉しかったのである。

 

f:id:getback_jojo:20190123123548j:image

エレカシとの出会いは高校の頃であり、この世にはBUMP OF CHICKENしかバンドが存在していないと思っていたぼくにとって衝撃的なバンドであった。「今宵の月のように」「悲しみの果て」といった往年の名曲たちから聴き始め、「奴隷天国」「ハロー人生」なども通り、「花男」「友達がいるのさ」などにも出会えた。

特に「友達がいるのさ」は、ぼくを大いに救ってくれた楽曲の1つであるように思う。

 

上記の楽曲はどれもエレファントカシマシとして演奏されたものである。

 

しかし、つい先日、宮本のソロ活動が発表された。

プロデューサーに小林武史を迎え、ドラマ「後妻業」の主題歌として「冬の花」という曲を歌うそうだ。

rockinon.com

エレファントカシマシは中学高校での友人で結成されてデビューしてから30年を越えるキャリアの持ち主だ。そしてデビューから一度もメンバーが変わっていない。

レコード会社から契約を打ち切られた時も、絶望を歌ったアルバム「生活」を出した時も、どん底から這い上がってきた時も、いつも同じ4人で演奏してきた。

宮本の独裁的なバンドの取り仕切り方を見るとどうしてバンドメンバーが悲鳴をあげないのか不思議ではあるが、それも外からは見えないバンド内だけの信頼関係があってこそ成り立つものなのだろう。

そんな宮本がソロ活動を始める、という話は去年からなんとなく聴いてはいたが、ついに本格的に活動し始めたことに対してはなんとも言えない気持ちだ。

 

それはエレファントカシマシという宮本の最大の武器を手放して勝負するということであり、その目的がよく見えないのだ。

例えば上で散々ベタ褒めした椎名林檎とのコラボ楽曲。これは、先程も書いたように林檎ちゃんと宮本でなければ歌えない。つまり替えがきかない楽曲であることは聞けば一目瞭然ならぬ一聴瞭然であるが、スカパラの楽曲はどうだろう?奥田民生スカパラのコラボ楽曲もあるが、それと交代したとして支障があるだろうか?

まぁスカパラというのは特徴的なバンドなのでバックバンドに意味を見出せばその限りではないが、じゃあそれをソロの話に変えたらどうなるだろうか?

何が言いたいかと言うと、ソロ活動でなければならない必要があるのだろうか?ということだ。

小林武史をプロデューサーに迎えたということは、バンドサウンドからかけ離れたストリングスが活きたバックサウンドになることは予想ができるが、あえてエレファントカシマシの面々を外して、あるいはエレファントカシマシから抜けて、宮本が単独で歌わなければならないほどなのだろうか?

すごく意地の悪い見方をすると宮本が"ソロ活動"という見てくれに憧れている感が否めないのも事実だ。

 

果たしてソロ活動するほどの意味があるのかどうか、というこれより先の議論はソロの楽曲を聞かなければわからないが。

 

しかし、まあ、こんな所で書いても仕方ないが、宮本浩次よ。あんたは歌手であると同時にロックンロールバンドであるエレファントカシマシのギターボーカルであることを忘れるなよ。あんたはロックバンドのボーカリストなんだよ。

Mステに出た時、椎名林檎のバックダンサーの横で暴れていたけどTwitterで馬鹿にされて笑われていたよ。紅白はぼくも見たが笑っちまった。

でも、ぼくはあんたがエレファントカシマシのステージで誰よりもかっこよく暴れてるのも知ってる。あんたが歌えば世界で一番かっこいいのも、死にたい気持ちすら諦めさせてくれることを知ってる。それを知らずしてあんたのことを馬鹿にする奴らがいるのはとても歯がゆいことだ。

だからやっぱりあんたはエレファントカシマシとして演らなきゃいけないんだよ。

今回のソロ活動の意図は読み取れないけど、エレカシを巣と据えて活動してほしい。

いつまでも最高にかっこいいロックバンド、エレファントカシマシのボーカルであってほしい。そう願ってやまないよ。また、"東京中の電気を消して夜空を見上げてえ"と歌ってくれることを信じて記事を〆たいと思う。


友達がいるのさ ≡ エレファントカシマシ

家鳴りさんは25歳で死ぬんですよね?!死んだ方がいいですよ!

ぼく「ん…ん?!

年末に後輩にこの台詞を吐かれた時、飲みかけのサワーをぶちこぼしそうになった。

彼は25と27を勘違いしていたらしい

 

f:id:getback_jojo:20190121225856j:plain

27歳で魅力的なアーティストが死んでいる。ジミ・ヘンドリックスジャニス・ジョップリンブライアン・ジョーンズカート・コバーン…など。このことから、ロックミュージシャンとして27歳で死ぬのは一種の呪いだったり誉だったりして"27クラブ"と呼ばれている…

 

いや、だからといってぼくが25やら27やらで死ぬ必要はないだろ……そんな「墓が無料急いで死ね」みたいな言い方されても…

 

blog.livedoor.jp

 

しかしまあ20歳になりたての頃は"どうせぼくは27で死ぬからな!"と嘯いていた。当時は長生きしても仕方ないと思っていたんだ。

まぁ今でもそれは思ってるけど、いざ27が近づくとすぐには死にたくなくなってくる。余命が近づくのはこんな感じか。

 

ただ、20も半ばに差し掛かり未だに大学に通っているのは中々辛い。先ほども校内を歩きながらふと、ちゃんと大学に通っていたら校内で今は亡きサークルの面々と相見えることもあったのかと虚しくなった。

でもね、当時のぼくは忙しかったんだ。

 

買ったばかりの原付を乗り回して、西へ東へと旅をしなけりゃいけなかったし、真冬の海で焼き鳥を作らなきゃいけなかったし、バケツプリンをガチバケツで作らなきゃいけなかったし、流しそうめん台を勝手に部室に設置したりしないといけなかった。

バカな大学生を少し超える馬鹿さ加減だ。

 

少し時が遡るが、高校の頃、クラス対抗のリレーメンバーの選抜をクラスで行なっていた。ぼくは足が遅かったので、せめてメンバーの選定を真面目にしていたのだが、最終的にジャンケンで決めてしまっていた。

名古屋まで自転車を漕いで行こう、という話が持ち上がった時は、夜中には出ようという話だったのに蓋を開けてみたら誰も行く気を無くしていて結局クラスメイトの部屋でダラダラしてた。

 

こういった経験から、ぼくは他人と何かくだらないことに全力で取り組むことに憧れながらも、そんなことを一緒にしてくれる人間なんていないと諦めきっていた。諦めきって大学に入ったわけだ。

そうしたらどうだ。ぼくよりくだらないことを思いつく奴らがいて、のっかっても途中で飽きることなくオチがつくまでやり抜く奴らがいた。

 

初めて原付による旅を終えた時は辛すぎて、大晦日に外で焼き鳥を作った時も辛すぎて、流しそうめんを竹から作った時も辛すぎて、とてもしんどかった。しかも人生において全くもってどうでもいい経験だ。

だが、ぼくは心底楽しかった。くだらないことに夢中になれたことが楽しかったのだ。

その結果が度重なる留年なんですけどね!w

 

でもねぇ、もし学内でサークルの面々と相見えていたら、大晦日に海で作る焼き鳥の味も、真夏に作る流しそうめん台の大変さも、ガチバケツから出てくるプリンの大きさも、知らなかったんだろう。

どれも誇れる経験でもないけど、大切な思い出です。少なくとも、ダーツやってバーに行ってるありきたりな一般大学生の"大学楽しかったぁ!!"とは濃度が違うわけです。

 

だけど、だけどね、いつまでも過去を懐かしんでいたくないなあ。そんなの酒飲んだ時だけでいいんだよ。

だからね、昔が懐かしいですね、戻りたいですね、なんて話はそこらへんに置いといて、

麻婆豆腐の作り方でバトろうや…………

 

lonelyingstones.hatenablog.com

 

(非常に合理的かつ効率的に)暴れたがっている

f:id:getback_jojo:20190121024409j:plain

バイト先に遅刻常習犯なおかつブッチ(当日欠勤)の申し子である女の子がいる。

話を聞くと、バイトを始めて一年経たないうちに3.4回は当日欠勤をしており、その他にも遅刻も多いらしい。

去年遅刻のしすぎで店長から普通に電話越し説教を受けた私だが、やはり遅刻というのは世間では嫌われる傾向にあるようだ。

が、当日欠勤を何度も強行するというのは遅刻なぞより確固たる意思が必要な所業であり、嫌われるとかいう次元を飛び越えるように思える。

 

そんな女の子が先日、2ヶ月ぶり5回目のブッチをかましたらしい。

その結果、店長は大激怒。何故かぼくは退勤後に残らされて店長の愚痴を聞かされる羽目に。

何度店長が「信用ゼロ」と発言したか覚えてない。終いには”あの子は呪われている”だの”村長に相談しなければ”だの言っていたような気がする。言っていなかった気もする。

 

まあそれだけ店長が激怒しており、もはや雇用についても考えないといけない、つまりクビも視野に入れるといった旨のことを言っていたわけだが、本日出勤したらバイト先のおばさんが

「店長、遅刻の女の子と和やかに電話で話してたよ」

と情報をくれた。

ハァ?

 

おいこらボケコラカスチンピラコるぁ!!!!!!!!!!!!!!!!11

お前が日和ってどうすんだよ!!!!!!!!!!!1111111111

クビにするんだおろ!?!?!?!?!?!?!!?!?

せめて重々説教するんちゃうんかいな?!!?!?!?!?!?!?!?

日和見トークかましとんねんシティ気取っとんとちゃうぞこら!!!!!!!!!!

 

あのさぁ、そもそもその遅刻ガールは勤務態度からしておかしいわけ。

社員とぺちゃくちゃ最長30分バックヤードで雑談してたこともあったんだぞ。

俺が重い商品を運んでる中、だ。

その遅刻ガールは人と楽しくおしゃべりして金貰ってんのに、俺は何かしら仕事してないと金が貰えないって時点でかなり不平等なんだよ。そこからまずおかしいんだよ。

で、そのことには目を瞑ってきた。チクリもしなかった。百歩譲ってその勤務態度に関して何も言わないのは許そう。

 

だが…

ブッチすらをも許容するってのは、最早ルールを根本から覆すことになりかねないぞ。

 

もうそれがまかり通るなら、ぼくも次から出勤日に気が乗らなかったら電話一本して当日ブッチすんぞ?何も文句はないよな?同条件だもんな?なんだったらぼくは普段ちゃんと仕事してんだからぼくのほうがブッチ権限あるだろ。

 

…暴れたい。それを許すなら、ぼくが今後傍若無人に振る舞っていい権利が欲しい。その権利を勝ち得るためには、もう物理的に暴れるしか無い。

 

ぼくの要求としては、

1.バイト中バイトをしなくていい権利

2.バイトに行っても行かなくてもいい権利

この2つだ。

常識的に考えて非常識であり、通るわけがない要求だ。

しかしそれは定石通りに主張すれば、の話だ。

いつだって変革が成された瞬間はセオリーから外れた手段がとられたはずなのである。

つまり、この場合ぼくがこの要求を相手に呑ませる為には絶対、物理的に暴れる他ないのである。

しかし、ぼくは恥ずかしながら暴れた経験が少ない。最後に暴れたのはきっと身ぐるみ剥がされてパンツまで脱がされそうになった時以来だろう。

それを考えると、ノープランで突っ込むのは勝ち戦も負け戦になりかねない。何かしら算段を考える必要がある。

 

効率的な暴れ方①…何かをぶち壊す

f:id:getback_jojo:20190121024119j:plain

脅しに近い形になるだろう。商品棚などを蹴っ飛ばし、片っ端から壊して回る。千切っては投げ千切っては投げ、要求を飲まないなら店内に吹き抜けを作る勢いで暴れる方法だ。しかし、この場合は同時にALSOKに対抗する手段を考えなければならない。あまりに非効率的であり、非現実的だ。

 

効率的な暴れ方②…人に当たる。

f:id:getback_jojo:20181016191221j:plain

最低な方法だが、物が無理なら人だ。割れた瓶はもう二度と元に戻らないが、折れた骨なら1ヶ月すれば元に戻る。レジに居る人には気の毒だが、ぼくのパンチの餌食になってもらい3m後方の柱まで吹っ飛んでいってもらう方法だ。しかし、この場合は同時にALSOKとも対峙することも念頭に置かなければならない。交渉成立が先か、ALSOKが先か。抜けよ、どっちが早いか試してみようぜってやつだぜ。

 

効率的な暴れ方③…めっちゃ泣く。

f:id:getback_jojo:20190121024326j:plain

己がプライドをかなぐり捨てて、ありえないほど泣く方法だ。男が泣いたところで仕方ない…とお思いかもしれないが、それは常識の範囲内での泣き方なら、だろう。ならば常軌を逸した泣きを見せればいい。子どもの鳴き声を大きく上回るデシベルで慟哭し、めっっっっっっっっtちゃジタバタする。めっちゃ埃が立つかもしれない。それもいいかもしれない。こっちはめっちゃ腹を立てているのだから。w

 

…上記の3つが恐らくスタンダードな暴れ方だろう。これでも無理ならプリウス借りてきて店内に突っ込むしか無い。恨み全開のアクセルは、一瞬の迷いもなく店の最果てまでバンパーを食い込ませることだろう。そうすればきっと、バイトしなくてよくなるというか、バイトに行かなくて良くなるというか、バイトできなくなるというか…どうなるかわからないが、恐らくぼく自身も無事ではいられないだろう。

そうしたら。できたら。ぼくの亡骸はパイプの聞こえる場所に葬って欲しい。甘く優しい思い出は、ギネスの泡と共に消えてゆくのだから…

 


ギネスの泡と共に 「踊ろうマチルダ」LIVE映像

 

…なんか”ギネスの泡と共に”になっちゃったけど、店長さんよ…遅刻ガールにペナルティ科すか、もしくはALSOKの契約解除するかどっちか選んでくれな……俺のバンパーが店内を荒らし回る前にな…