ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


気絶するほど悩ましい

春風も遠のくであろう来たるGWにOBOGの集まる宴がある。

そんな超弩級の10連休を待ちながら、1人悩む女子高生がいた。

その名を

YANARI-家り-

 

ご機嫌麗しゅう。明日一コマなのにこんな時間まで起きてますよ笑いや笑えねえんだわ。

所で上に書いた通りなのですが、詳細としては、サークルのOBOGが酒と楽器を持って集まって音出しができる宿泊施設に一泊しようというイベントがGWにあるのだ。

 

ここ数年開催されている催しで、今年も無事に開催が決定した。

で、なんでぼくが悩んでいるかと言うと、あれは数日前の出来事…(暗転)

 

ぼく「先輩事変やってくださいよ」

先輩「あー、久々にやりたいねぇ」

 

この些細な会話から始まったのだ。

ぼくとしては、なんとなく事変が聞きたいからコピバンとまではいかなくてもなんとなくでいいから事変演奏してほしいな、くらいのテンションだったのだが、この先輩がその上の先輩にやりたい曲をリスト化して送信。

結果、8曲くらい事変を先輩たちがやることになっている。

そこまで聞きたいわけじゃない…しかもリストの後半の曲知らんし…

で、それに触発されて他の人々も少しずつやりたい曲を持ち寄っている気配がしているのだ。(ぼくは曲やバンドに誘われていない)

 

悩ましいのは(ぼくは誘われていない)ことじゃない。このままだとコピバン大会になるのではなかろうかと危惧しているのだ。

上にも書いたが、持っていくのは楽器だけじゃない。酒だって持っていくんだよ。どちらかというと宴がメインなんじゃないのか!その余興として一応楽器も弾けますよ、じゃないのか!というか例年はそうだっただろうが!初心を忘れてんだよお前らは!!!!何今更ガチで音楽しようとしてんだよ!!!!!!

いやー、わかるよ。サークルを離れて幾年たったわけで、当然音楽をやる機会もないわけで、そうなると集まって楽器を弾くってなるとテンションがあがるってのはわからんでもない。

わからんでもないが、テンションが上がりすぎなんだよお前らはァ!!!!!!ライブしてどうすんだよ!!!!!!ライブして打ち上げして帰る気か???????宴を打ち上げにしようとしてないか???????お前ら全員撃ち殺すぞ????????

 

と、なんでこんなにボヤいているかというと、ライブがメインになったら絶対楽しくないからだ。

先輩が昔言っていた言葉がある。

「酒を飲んで音楽やるのが一番楽しい」

そう言っていた。

これはつまり、酒を飲んで酔っ払ってなんとなく合わせる音楽がこの世で一番楽しい、という意味だ。わかるか?豚ども?酒を飲んでコピバンライブをするのが楽しいっつってんじゃねえんだよこっちは!なーんとなく、ゆるーい感じでジャムるのが楽しいっつってんだよ!

ぼくはこれを言っていた先輩は大して好きじゃないが、先輩の言っていた言葉は本当に的を射ていると思う。

 

確かにコピバンも楽しい。BUMPもRADもback numberも、事変もくるりもチャッチーも、合わせりゃそこそこ楽しいと思う。米津はダメだけどなw

だがね、それがやりたいならそもそも目的をライブとして、どっかのスタジオなりライブハウスなり抑えてやりゃあいい話なんだよ。今回は飲み会が目的であり、そのオマケとして楽器が付いてきているんじゃないのか!

そもそも、コピバンっつったって集まって練習する時間もないだろ?当日合わせる気か?1つしかないスタジオを使って?1つしかないスタジオを占拠して演者しか楽しみにしてないコピバンの練習する気か?正気か?よし、表に出ろ首根っこ抑えてギターでぶん殴ってやる。

 

話が逸れたが、つまり何が言いたいかと言うと、酔いも宵もそこそこになった頃に「なんかやろっか」ってなって、軽くコードの打ち合わせだけして自然に始まる音楽が一番楽しいと思うんだよ。ましてやこういう酒を飲んで楽器を弾ける環境なら尚更ね。そんなこと普段できないからね。

 

だのに、だのに、それを阻害してまでやるほどのことか?コピバンって???????えぇ????????どうなっとんのやまつ毛燃

これがまた難しい問題で、いわゆるジャムセッション、みたいなことができる人達がほぼ居ないのもコピバン横行の原因の一つであると言えるだろう。ジャムをやっていた人たちは今回のメンバーよりもう少し上の世代の人々なのだ。

ぼくもジャムセッションができるか、と言われると素直に頷けないが、それでもやりたいとは思ってるし、そういったものが楽しいとも思ってる。

しかし他の人々はコピバンしかやってこなかった故に、オリジナルが存在しているものでないと弾けない呪いにかかっているのだ。辞めたら?その楽器。

そのくせにほざく訳だ。

「飲み会で楽器弾いたりすんの楽しいよねぇw」

あの曲もこの曲もコード覚えてねぇのによくほざけるなァ!!、?!?!?!?!ちょっとしたジャムもできないし、原曲がある曲もコード覚えてない!ぢゃあ何ができんだよ君はぁ!!!!!!!!!!!!!!!

 

ハァハァ……ハァハァ……

別に自分が突出して上手いわけじゃない。ただ、上手くなりたいと思って先輩に少しでも追いつけたらいいなと思って、コピバンもほどほどに理論を調べたり、ソロをコピーしたり、音楽を聴き漁ったりしてきたわけだが……………それが仇になったのか、ここまで趣味嗜好に乖離が生まれると思わなかった………どうしたらいいのだ、ぼくは……………何を目標にしたらいいのだ……………

 

こんな時に現役だった頃を思い出す。

あの頃のぼくは今より下手だったが、今よりジャムセッションをやりたがっていた。そんなぼくに度々付き合ってくれていたギターがゲロ上手い奴がいたわけだが、彼も当時こんな気持ちだったのかもしれない。

 

まぁ、丁度いいレベルの人ってのは中々難しい。そんな人と出会えたらなんとも幸運なことだ。

それに、別にこの人達が嫌いなわけでも無い。少しだけ音楽好きのベクトルは違うが、ただそれだけだ。悪い人でないことに変わりないし、何より音楽が好きということにも変わりはない。

むしろ楽器を弾ける機会を作ってくれてるのは有り難い話なのだ。

彼らも彼らで、もがいているんだろう。楽器は弾きたい。けどライブハウス出るほどじゃない。アドリブできるわけでもない。でも、でも楽器は弾きたい。そんな感じだと思う。

 

だから仕方ないことではあるんだけど、ぼくもぼくで、もどかしさを感じるというどうしようもない話だ。

 

まあ音楽の楽しみ方は人それぞれだからね…あえてぼくから言うことがあるとすれば…

 

スケールくらい現役のうちに習得しとけばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!