ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


今日はあなたの誕生日です

f:id:getback_jojo:20180530220534j:plain

゚・:*:・。(〃・ω・)ノ HappyBirthdayヽ(・ω・〃)。・:*:・゚

あ、ぼくのじゃないです。

このブログの誕生日でした!

作ってから一年経ってました!

おめでとーーー!!!!

興奮しすぎて見出しを3連発してしまった…

 

仕切り直して…

ぶっちゃけ、更新頻度が島根県の事故率より低いこのブログ。(島根はワースト一位らしい。島根の場所は知らない。)

なんですが、割と助けられては居ます。

なぜなら、日々の鬱憤とした気分をここに書き散らかすことで、ぼくの心の平安が保たれているのです。

 

実際、ストレスの解消法として筆記開示というものが存在していて、ものすごく噛み砕くと「ネガティブな感情を書き散らかす」という手段だ。

 

まぁ厳密にはいくつかルールを設けてやるみたいなんでブログは完全に当てはまるわけではないけれど、それでも人間は文字に書き出すと不思議と物事や自分の状態を見極めやすくなるのは事実なわけで、高校の頃もブログをやっていたけど嫌なことを書き記すことで随分救われた記憶がある。

 

特に去年においては、人生の中でも非常に辛い一年だった。なんの目標も将来の展望もなく、知り合いとも遠く離れて、職場では虐げられて。死ぬことすら面倒くさいと思う日々が続いていた。

 

そんな中ふと思い立って久々にブログを始めたわけだけど、Twitterとブログにはそんな日々をどうにか生きていく活力をギリギリもらっていた気がする。

 

あと不思議な話、数少ないけどブログを覗きに来てくれている人がいる、というのもなんだかんだ有り難い。別にぼくの現状に同情してほしいわけじゃなくて、記事を一文字でも読んでくれているという事実がなんだか嬉しい。

別に有用な情報を発信しているわけでもなく、ただただ愚痴と文句を綴っているだけなのに有り難い話だ。

 

というわけで、更新頻度は1mmも上がらないだろうけど、ぼくの周りにゴミクズが存在し、ぼくに悲しいことばかり降りかかる限りブログは続いていくのでしょう。

早く俺にブログを辞めさせるほど優しい日々よ来たれ!