ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


イケメンは「そういう」笑い方をする

アヒッヒッヒッヒッヒッヒッwwwwwwwwwwwwカゥッカゥッカゥッwwwwwwwwwwww

今のはぼくの笑い声の文面上の再現です。これ以外の表現の仕方がない。

ところで、イケメンってみんな爽やかな笑い方するよなムカつく。笑顔や笑い声が気持ち悪いイケメンを見たことがないよなマジムカつく。

でも「そういう」笑い方ってどうやればいいんだろう…そもそもイケメンの笑い方ってなに?ぼくも真似できるの??

 

考察⑴ハキハキした笑い

文字で書くなら8文字だが、それを説明しようとすると難しい。簡単に言うならば、

笑っているか笑っていないか曖昧な状態ではない

ということではないだろうか。

つまるところ満面の笑みなのだ。一目瞭然。100%笑っている状態を作れる、それがイケメンなのかもしれない。確かに我々は…

おっと他人事だと思ってたのか?ぼくらは仲間じゃないか。というより仲間だ。頭マッシュにしただけでイケメン気取ってんじゃねーぞ!髪型で顔の肉の造形まで変化させた気でいるんじゃねえぞ!

 

考察⑵笑いに卑しさがない

我々はどうしても自分に何かしらの負の感情を抱いている。どれだけ楽しくても素直に笑えない。見つめ合えば素直にお喋りできないんだよ。だから、どうしても後ろめたさが産まれる。すると自信の無い笑みには卑しさが産まれるんだ。

しかし彼らはそんなことは無い。自分に確固たる自信を持って笑って生きている。

楽しい時は楽しい笑み。面白い時は面白い笑み。そんな表情を刹那の戸惑いもなく浮かべられるんだよムカつくなマジで。なにが刹那だ。ぼくは切ないよ…………フヒッ……あぁ……

 

考察⑶爽やかな印象を与える笑い声

冒頭でぼくが笑ってみせたが、あれはジョークではない。マジモンだ。ぼくはああいう風に笑うんだよ。

しかし一方で彼らはなぜか爽やかに「はははっ♪」って笑いおる。生まれてこの方ぼくは笑う時にその発音をしたことが無い。なんなら「は」が連続する発声をしたことが無い。は…は…うむ同じ母音を連発するのは難しい。

そしてそれがいい感じに声と合う。これも重要だ。声と笑い方はマッチしてなければ違和感を生む。本当に笑っているのかと疑問を抱かれる。だが、彼らはマッチしている為に虚偽的な笑いであることを相手に疑わせないのだ。

 

結論

1個も満たしてないし、1個も実践できそうにない。エラがないのにエラ呼吸してみろって言われてるようなもの。悲しいことに我々は彼らのファニーでスタイリッシュなスマイルを真似することは出来ないのだ。

なぜ神は人間に大幅な個体差を設けたのか。なぜツムジの位置程度の誤差に留めなかったのか。

 

しかし悲観することはない。

平安美人」という言葉がある。

f:id:getback_jojo:20170730212852j:image

これだ。平安時代にモテた女性達はこんな感じだった。現代から見ればクソブスもいいとこだよな。

何が言いたいか。強者の時代は続かないということだ。栄枯盛衰。森羅万象、栄えたものはいずれ衰退する運命にある。

つまり、今のイケメンの条件が1000年後に通用する保障なんてないということ。イケメンがイケメンを自負して仲間とクラブで写真撮ってInstagramにアップロードできるのも今のうちだけ。1000年経ったら福山雅治も[Alexandros]のボーカルも川谷絵音もみーんなギター弾いてバンド組んでいい顔面偏差値ではなくなるかもしれない。あぁ、最後のキノコは今世でも駄目な人種だったな。

ここまでイケメンに対して恨み辛みを書き殴ってきたけど、今思ったがぼくは別にイケメンに虐められているわけじゃない。イケメンはぼくに何も危害を加えた事はない。

よかった。ぼくらは敵同士じゃないんだね。お互いに憎しみ合う存在じゃないんだね。相手を妬むこの気持ちこそが一番忌むべき状態なんだ……

 

もしこの記事をここまで読んだブサイクがいたなら悔い改めなさい。あなた方がイケメンを嫉妬し恨む気持ちは分からなくはありません。同情の余地もあります。しかし、ただ妬んでいてもお互いの溝は深まるばかりです。

歩み寄りましょう。いえ、お互いに、ではなくブサイク側から歩み寄ってください。こちらから歩み寄ることは無いですけど、歩み寄ってきてください。そうすれば共存の道も考慮しましょう。まあ、そう落ち込まずに10000年後に期待して笑ってみたらいいと思います。伸びてるって?はい、それではごきげんよう