ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


その時ぼくは死にたかった

ブログを開設した事がある人ってのは世の中にどれくらいいるんだろう?

 

ぼくは昔から何度もブログを開設しては放置してを繰り返してきた放置魔だ。…というか、そもそもぼくは三日坊主の権化と言っても過言ではないくらい三日坊主を忠実に守る人間なので長続きしている習慣のほうが少ないのだが…

 

そんなぼくが高校いちねんせいの頃、せっかくだし全く展望のない高校生活をブログに綴ろうと考えてブログを始めた。しかし文章を長々と書こうとすると続かないのは分かっていたので、あくまで短文でケータイから投稿できる手軽さをもってして、気ままに更新することをモットーにダラダラとブログを書いていた。

その結果、更新が滞ることもあったけど、なんと高校3年間ブログを継続できたのだ。すごない?三日坊主というか三日僧侶とまで謳われたこのぼくがよ。

そんなブログを久々にチラ見してみた。

 

凄惨wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

そして今のブログを見てみる

 

 

 

f:id:getback_jojo:20180920210900j:plain

 

 

 

文章のレベル。思考のレベル。何をとってもまるで成長していない………

 

ほんとにぼくは20越えてんのか?

ほんとにお酒飲んだり煙草吸ってたりしていいんですかね?不安になってくる…

 

高校時代と言えば、死ぬことばっか考えていた。最近もそうだけど。

でも高校時代の精神状態は中々だった。高2の中盤、徐々にクラスに居場所が無くなってきた時期があって、その頃は人を避けて1人でばかりいた気がする。今思い出しても絶対戻りたくない時期だ。

そんな時期に体育の授業で偶然横にいた奴が話しかけてきた。何の話題だったか全然覚えてないけど、久々に人とまともに会話したということもあって腹の底から大笑いしたのを覚えている。その瞬間を境に気分がだいぶ楽になったということも覚えている。

ここだけ書くと、ただの思春期の憂鬱だったんじゃないかと思われそうだけど、当時は本当に精神的に参ってたんだよ。ほんとだし。嘘じゃねーし。

 

そんなこんなで卒業式を迎えたわけで、その卒業式の日に最後の記事を更新している。

色々あって色々頑張った、とありきたりなIQ高めの昆虫でも書けそうな内容を綴っている当時のぼくの訳だが、ひとつ、鼻で笑いそうになることも書いてあった。

 

喉元すぎればなんとやら、て言葉がある。だから嫌になる日は早く寝てしまえ。

 

 

お前それできとらんかったやんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

なーにが喉元すぎればなんとやらだよwwwwwwwwwwwwwwwwお前ずっとそれ喉元通せずに口の中であっちっちしてたやんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwめちゃナイーブに嫌なこと引きずってたやんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

と、まあクソしょうもないことを書いている当時のぼくは真剣に書いてたはずだ…うっwwww真剣にwwwww書いてたwwっはずだwwwwwっうぇえwwwww

 

wwwwwwwwっw………と、このように数年後散々馬鹿にできるんだ。辛いことがあっても。今どれだけ辛くても、終わってしまえば後から苦笑したり馬鹿にしたりできるはずなんだ。

終わってしまえばってのは必ずしも克服する必要はないと思う。実際高校の頃なんて逃げてばっかだったし。それでも案外時間ってのは色々水に流してくれるもんだ。

 

正直、現状は芳しくないし、のたうち回ってる。面白いこともないし、やらなきゃいけないことばっかだし、楽しみも特に無い。でも、もしかしたら、明日変なことで笑っちゃうかもしれないし、数年後1人で酒飲みながらため息混じりに思い出すかもしれない。

だから今はとりあえず苦しいけど、別に数年後が楽しみなわけでもないけど、いいんじゃないかな。打つ手もないし仕方なしに日々を過ごしていれば、それで。

 

そんなことを数年前の記事を読みながらぼんやり考える雨降りの夜……………

 

 

 

 

 

ん?結論変わってなくない?

f:id:getback_jojo:20180920210900j:plain

 

夏休みはやっぱり短い

f:id:getback_jojo:20180907233757j:plain

8連勤を終えたぼくは一日休んで6連勤の2日目!!!!!!!!!!

まだ死んでねえぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

さて、1ヶ月は以上ぶりにブロクを更新させていただきます。つまりは近況報告です。

8月!

末テストがあった。4年に一度しか単位を取らないことで有名だったぼくは4回以上落とし続けていた必修科目をついにもぎ取ることに成功した。

その他数多くの科目を獲得し、途中でドロップアウトした科目以外は比較的順調に取得できた。

テスト週間だった一週間は本当に地獄だった…テスト中を含み、起きているのか眠っているのかわからないくらい生活が混沌としていたのを覚えている。

 

そんなこんなで夏休みに突入したわけだが…

まさにバイト地獄

バイトに行って、帰ってきて、酒のんで、寝て、バイトに行って…の繰り返し。

ここまでシフトを入れられると(まあ自分で希望したことだが)、たまの休みも何をしていいのかさっぱりわからず日が暮れる。

バイト先の人間は客も従業員も人間だと思って接していたら心が折れるので、全て野生のよくわからない生物だと思うことにしてるが、それでも心が折れそうだ。

しかし確実に卒業圏内に入っている。

逃してたまるか…何が何でもこの生活を継続して、復学した意味を無くさせないぞ…

普通の大学生からしたらごく当たり前の単位を取るという行為。これはぼくにとって非常に難しい行為であり、一切努力してこなかった行為でもある。そんなぼくが毎朝ちゃんと起きて学校に行ってるのは、今までのぼくを知っている人間からすれば奇跡に近いだろう。ぼくもそう思うもん。

何故、と問われても返答にしどろもどろしてしまうが、やはり地元で過ごした一年は大きい。何も誇れることが無いぼくは、何の目標もなく一年を過ごした。このままじゃ駄目だな、とようやく思うことが出来た。この先どうなるかわかんないけど、できるだけのことはしてみようと思う。

ところで、

突然ですがここから、最近苛ついたゴミクズ三匹の報告書になります

第三位!ノープラン脳死クズ野郎

8月も半ば、色々あって後輩と遊ぼう、という話になった。彼は海に行きたいと言っていた。で、協議の結果、海で燻製を作るという話になった。

非常に興味深い。燻製ね。やってみたかったんだよね。

しかし、問題点。彼は少し遠くに住んでいる。具体的にはぼくの家から車で2時間くらいの所に住んでいる。

当日

ぼく「うん、で、今日どうすんの?」

後輩「今から行きます。電車で。今(午前11時)から出て15時か16時になると思います。」

 

脳みそ腐ってんのか?

まず時間。15時か16時ってことは準備に全く参加せずに食い物だけ食いにくるってことか?じゃあ準備は誰がすんの?俺か?俺1人でやれってか?海で燻製したいって言ってたのはお前なのに?

次に交通手段。電車?ふざけてんのか?車持ってんなら車で来いや。仮に12時に着いたとしてもお前何の役にも立たねえじゃん。ふざけてんのか?てかふざけてんのか?

 

結局、先輩に泣きついて準備に参加してもらって、付け焼き刃の知識で燻製して、大失敗しました。(ちゃんちゃん)

 

後輩「いやー、ノープランで進めすぎましたねえ」

ぼく「悪いけど死んでくれる?」

 

第二位!エセギター煩悩デブ

8月も半ば、色々あって飲み会に誘われた。メンバーは以前も記事にしたクズことイキリデブと愉快な仲間たち。ほぼあの時と同じメンバーだ。

 

lonelyingstones.hatenablog.com

 で、あの日の味をしめたらしいクズは、またぼくのサークルの後輩どすこいちゃんといちゃいちゃしたいがために飲み会を開きやがった。

パイセンA:同じサークルのOB。飲み会の企画者。他に特徴はない。

パイセンB:同じサークルのOB。年長者。ホモが好きな一般ノンケ。

クズ:他サークルのOB。ギターが上手いらしい。パイセンAのマブダチ。

どすこい:同じサークルの女。途中参加。どすこい。

後輩:同じサークルの男後輩。最近振られたらしい。

もうひとりいたが顔も覚えてないので割愛。

 

で、飲み会だが、前回の10倍はひどかった。基本的に飲み会を仕切りたがるクズ。しかし全然盛り上がらない。サワーは水のようだった。本来ならクソみたいなボケにも対応して救世していかないといけなかったかもしれないが、それをしたところでクズが台無しにするので手もつけられない。

そのままクズが1人だけ盛り上がって一次会終了。二次会開催。クズの家。

しかし、ここでどすこいちゃんがまさかの帰宅。いいぞ、よくやった。二度と土俵に上がってくるなよ。次会ったらちゃんこ作ってあげるね。

 

クズ宅にて

クズ「どすこいちゃんのライン教えてよ、今度飲みに行きたいし」

パイセンA「いいよ」

後輩「(どすこいちゃんに現状を報告したラインを見せてくる)」

どすこい「ほんと無理」

ちゃんちゃんこ

後日談

ぼく「暇だな。クズにライン送ってみるか」

ぼく「暇?」

クズ「後輩と飲む予定。なに?」

ぼく「あぁ、暇だったら飲もうかなって思ってた」

既読無視

(ちゃんちゃん)

 

第一位!ガチアスペ!

バイト先にガチのガの者がいる。つまりはガイジだ。多分ガチモンのアスペルガーだと思う。ちなみに彼は23か24の成人男性だ。

レジ業務にはサッカーという作業がある。これは袋詰を行うことを指すわけだが、会計時に物が多いと1人だと大変なので他の人がサッカーに入ったりするわけだが…

このガイジ、俺とレジ機の間に入ってサッカーをしやがる。

サッカーは会計をスムーズに行うための行為なのに、こいつがサッカーに入ると逆に会計が混乱して長引くってわけだ。

 

ぼく「あの…サッカーは有り難いんですけど、反対側に回ってやってもらえます?邪魔なんですけど」

ガイジ「あー、そうですよねwわかりますw私もレジ打ってる時にレジ機の間に入られると困ってしまいますw」

ぼく「!?!!?!?!?!?!?!??!?

 

…お、お前のことやぞ………?

 

ぼく「…わかってんなら反対に回ってもらえます?」

ガイジ「…」グスッ

ぼく「!?!?!?!?!?!?!!?!

 

なんで泣きそうなの…?

 

怒られると泣くって聞いてはいたけどガチだとは思わなかった…し、ぼくもそんな強く言ったつもりはない…し、ここで泣かれるとぼくが悪者になる…

ぼく「…そういえば、最近他のバイトの方とどうですか?」

ガイジ「私、皆さんと仲良くなりたいんですけど、全然ご飯に誘っても行ってもらえなくて…家鳴りさんはバイトの方たちとご飯行ったり遊んだりしてるんですか?」

 

彼は何故かやたらめったらバイトの人達を飯に誘う習性があるのだが、全員から断られているという話は他のバイトの中で鉄板のネタとなっている。そりゃそうだ。

しかし、だからといってぼくが他のバイトと超仲が良いわけではない。ぼくも飯になんて行ってないし、ましてや遊びにも行ってない。だって…

 

ぼく「いや、行ってないですよ。だってぼくら4月にオープニングで入ってまだ4ヶ月くらいしか経ってないじゃないですか。お互いどんな人間かも分かってないし、仲良くなりたかったとしてもいきなり飯とかハードル高いですよ。別に急ぐ必要も無いんだからもっと時間かけてゆっくり仲良くなっていけばいいんじゃないですかね?」

 

まあ4ヶ月も経ってぼくがこのガイジがアスペっていうこと以外情報がないのは興味が無いからなんだが…でも、もっと一緒に働いてたら良い所も見えるかもしれない。飯に行くのはその後でも遅くはないんじゃないかな。他の人にしても同じことだ。つまりはそういうことが言いたかったわけだ。

 

ガイジ「wwwwそうですねw」

 

お前硬めの商品でぶん殴ってもいいか?

人が真剣に話してんのに……まあわかってくれたならいいや。別に嫌いになるために出会ったわけじゃないし、仲良くやってこうや。

 

次の日

他のバイト「昨日、ついに俺もガイジに飯誘われました…」

やっぱ嫌いだわ。あいつ。(ちゃんちゃん)

 

そして9月へ

以上、ゴミクズ三銃士の小話でした。

こんな日々です。

9月からは短期講義のようなものが始まって、バイトも連勤で、目まぐるしい日々です。とても充実してるとは言えない、退廃的な日々です。

でも真夏のピークは去ったみたいなので、なんとか生きていこうと思います。

にしても…夏休みはやっぱり短い…きっと百年前も百年先もきっと同じなんだろうなぁ。ってことは来年も同じなんだろうなぁ。なんてね。

音楽は魔法じゃないよ

f:id:getback_jojo:20180724023452j:plain

 

金返せクソアマ!!!!!!!!!

 

どうも家鳴りんです。600円返すまで延々繰り返すからな。

はは、冗談です。

 

今日は旧友に会った。経緯は複雑だから省くが、まあぼくの気まぐれだ。

S君とT君とでもしとこうか。S君は一緒にホラー原付き旅を共にしたやつだ。

 

彼らとぼくは微妙な関係にある。

S君とT君はルームシェアをしていて、ぼくはしていない。で、在学時(いまも在学しているが)ぼくらは仲良かったが、徐々に疎遠になってしまっている。というのも、ぼくが関係をわざと絶っていったのが原因だけど。

まあ関係をゆるやかに絶った理由は色々あるけど、一番は仲良くなりすぎたからだ。あまりにも関係が近くなりすぎて、嫌いになるのが怖かったからだ。当時は好きだったからこそ少し距離を置く必要があった。それがどう今に影響しているかは今となってはわからない。とりあえず疎遠だ。

 

で、一年ぶりに連絡した。T君に。そしたらS君もついてきて、本当は喫茶店に行きたかったのに飲み屋に連れてかれた。

 

一年ぶりの上に一年前もほぼまともな会話をしてないのに、まるで先週ぶりかのように接してくる。ぼくもまるで昨日ぶりかのように接してしまう。久しぶり、なんてことすら言わなかった。そんなこと言ったら逆に不自然な気すらした。

 

他愛のない会話。何も変わっていないくだらない会話の後、カラオケに連れて行かれた。

ぼくは久しく歌を歌っていない。ぎこちなくマイクを握って歌った。

T君「うん、なるほど。歌声がより一層キモくなってない?」

ぼく「殺すぞ」

 

ところで、ぼくらは全員音楽サークルに所属していた。そして全員追いコンまで参加していた。T君にいたっては楽器が何一つ演奏できないのに最後まで居た。

そんなT君とは18歳以来の付き合いで、一番最初にバンドを組んだのもT君をボーカルとして雇って組んだものだ。だからぼくがギターを弾けない頃から弾けるようになるまでずっと一緒に居た仲である。

そして一年生の頃、全く拙い演奏でライブに出た曲がある。ロードオブメジャーの心絵だ。

 

ぼくはメジャーもロードオブメジャーも全く詳しくない。この曲しか知らない。だけどこの曲は生きてきた中で幾度となく聞くこととなった。

T君の歌はもちろん、地元の歌の上手い知人も歌っていたし、同じサークルの歌がバリクソ上手い先輩も歌っていた。本当に何度聞いたかわからない。

 

変な話、T君は歌うのは好きだがそんなに歌が上手くない。

だけど、不思議と心絵はT君の歌じゃなきゃ駄目なんだ。

思い出補正ありきの話だってわかってるけど、どんなに上手い歌を歌われても彼には敵わない。多分今後どんなに歌が上手い奴に出会っても覆ることはないだろう。

音楽は魔法じゃないらしい。もしかしたら呪いなのかもしれない。でもこんな呪いなら一生解けなくていいかもしれない。

 

彼のちょっと上手くなった心絵を今日カラオケで聞きながら、そんなことを思い出してた。

 

T君「やっぱ上手いなぁ…ぼくは…いやぁ…上手い…上手いなぁ…上手いよなぁ!?」

ぼく「殺すぞ」

S君「Zzz...」