ぼくを憐れむうた

ここは ぐちの はかば

ここは ぐちの はかば


そしてぼくは指を切った。

f:id:getback_jojo:20180506010234j:image

あれは…1ヶ月ちょい前の話である。

いつぞやのクソアマとなんやかんやあって飲むことになった。サシ飲みではない。酒豪の後輩とクソアマと3人でだ。

案の定ぼくはベロンベロンに酔っ払った。久々に死ぬかと思ったほど酔っ払いながらも最寄り駅についた。

その時気づいたのだ…

 

財布がないことに………

 

結果的に、入っていたお札を全部抜かれたぼくの財布は三日後くらいに見つかった。

親の

「もう絶対見つかんないわw絶対見つからないからねw」

という有難いアドバイスは参考にならなかった。

 

あれは約1ヶ月前の話である。

そうして無事バイトも終え、無事財布も失くし、無事財布を回収したぼくは下宿の準備をし、無事ほぼ下宿の環境を整え終えることができた。

あとは原付をどうするか、という問題だけが残ったが、なんてことは無い。残り少ない荷物を纏めて、荷物ごと原付に乗って下宿先へ旅立つ事にした。

直後、

正確には、実家に引き返すには遠く、下宿先に着くにはまだ半日かかろうかという距離で、

 

後輪が爆発した。

 

スマホを確認すると、近場のバイクショップで徒歩40分。電話をかけると怪我をしていて取りに向かうことは出来ないと言う。持ってきてくれれば直すという。

ぼくは本気で泣こうかと思った…原付を捨てて行こうかと思った…

 

原付を押して徒歩40分なんてのは最早修行だ。しかも若干の上り坂がやんわりと続く春の国道は、まるで地獄の道のりだった。

上り坂がやんわり続いていたのに、終盤更に歩道橋がルートに入っていた時の絶望感を超える絶望は向こう10年は味わえないだろう。

しかしぼくは珍しく諦めずに、徒歩で2時間程度かけて原付をバイクショップに持っていき、なんとか旅を終えて引越しを完了できた。

 

親の

「なんか家出みたいだね」

っていうLINEには生まれて初めての既読無視をした。

 

あれは数週間前の話である。

慣れない授業と慣れないバイトに明け暮れる日々に、ぼくは大きく体調を崩した。くしゃみが止まらない。

授業の内容もバイトの説明も、すべてくしゃみと共に宙に霧散する。そこに花粉症も混ざり合い、ぼくの身体は一時的に鼻水を排出するだけ器官と成り果てた。

 

だが特にそこに絶望感は無かった…

 

仮にこれが実家だったとして親が助けてくれたか?

それにこれは原付を何キロも押して歩くことより絶望的なのか?

もしくは全身麻酔で腸骨を抜き取る手術と比べたら?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

 

…話すことは、多いけど、ただくしゃみをひとつ。

 

あれはつい先日のことである。

ケツにできものができた!!!!!!

笑い事に聞こえるが、鎮痛剤を飲まないと座れやしないほど痛い。

終いには原付に腰掛けることすら出来なくなった。

自然と涙がこぼれ落ちる。

 

痛いからじゃあないぞッッ!

なんでぼくだけこんなに散々な目に遭わないといけないんだ!

そりゃ

仮に親がいても何もしてくれないだろうし、

原付を何キロも押すよりかはマシかもしれないし、

アンドロイドは電気羊の夢を見るかもしれない。

だがね、なんでぼくだけ辛かったことを思い出さにゃいかん回数がこんなに多いんだよ!

そしてさらに追い討ちをかけるように、数日後はサークルOBの集まりがある。

 

ぼくは絶望に伏した。

本来なら絶望に屈したいところだが、ケツが痛くて伏すことしかできないのだ。

 

しかし、その後すぐに

ケツが爆発した。

結果、一時的には女の子の日みたいになったが、適度に授業をサボることで一命を取り留めたのだ。

めでたしめでた

あれは数時間前の出来事である。

包丁で指を切ったァァァァァ!!!!!!!!!!いてぇええええええええええ!!!!!!!!!!!!中指がもげそうだ!!!!!!!!!!!!!!!!なんでぼくばかりこういう目に遭わないといけないんだよォォォォォォ神様ヨォオォオォォ!!!!!!!!!!

ほんとに厄年抜けたのか??!!!!????!!!!!実質ここまで不幸が積み重なったら厄年だろ!!!!!!!!!

 

野田洋次郎は言ったよ!!!!!

「嬉しいこと悲しいことはすべて半分こずつなの。だからそう最後は0になれるの。」

 

わしの人生はマイナスになりそうだぞボケええぇぇえええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!

マジで納得いかん!!!!!!!ここまでつらつらと綴ってみたが、この間の楽しかった思い出など無に等しいことを考えると、余計に納得いかねェ…………

 

涙のあとは虹も出るか?!

涙のあとには笑いがあるはずか?!

 

俺にはよく分からん!!!!俺にはよく分からんが!!!!!!!

 

そうであることを信じるよ。

ネットに弾かれたテニスボールはどちらに落ちるかは分からない。

それでも奇跡は信じてる………

ネットの向こう側に落ちることを信じよう……………………

 

………ちなみに中指を切ったんですが、中指を使わないコードで曲を作ることに成功しました。

ママアアアアアアア地球ネコが消えちゃうなぜなの

ささっと愚痴書き散らかします。

 

年始に久々にじいちゃんとばあちゃんに会った。

開口一番「まだタバコ吸ってんの?」からの説教が数十分続く。

それで飯を食いに行った。出かけた先でじいちゃんは”杏仁豆腐”というものがわからず、店員に半ギレで説明を求めていた。

 

先程久々にじいちゃんとばあちゃんと会った。

焼肉に行ったんだが、じいちゃんもばあちゃんも最近の焼肉屋のシステムがわかるはずもなく、母親もわかるはずもなく、弟もわかるはずもなく、嫌々ついていったぼくが仕切る他なく、注文から肉焼き係まで担って頑張った。

そして帰り道、ぼくが最近車の運転をしていることへの説教が数分続く。ぼくは聞いてないふりをしていた。

 

ふと、十年以上前のことを思い出した。

その日もじいちゃんとばあちゃんと飯を食っていた気がする。

小学生だったぼくは、昼に遊戯王カードのデッキを買いに行ったことを食卓で自慢するように話していた。そうしたら急にキレるばあちゃんと母親。

「またそんなことにお金使ったの?!」「なんでカードなんか買ってるの!」

その後は覚えていない。

 

うちの家族はいつでもこうだ。度々そんなことがあった気がする。

なにか話しても高確率で否定されるか、そうでなくとも、からかわれる。

子供扱いしてくるくせに、いざこちらが助けを求めると「もう子供じゃないんだから」と突き放してくる。

幼い頃から何かを話して、行動した結果を、一人の人間として肯定された記憶がない。

虐待というほどではないが、家族のぼくへの対応が気持ち悪くて反抗期を境に家族との接触を避け始めた。

距離が開けば興味がなくなる。ぼくは親の年齢も知らない。

恥ずかしいことだ。

 

ばお(笑)

おい、昨日ブログでF5押しまくってたバカは誰だ??????DMで説教するから出てこいや!?!?!?!?!?!?!?!

ははは、冗談です。

 

約半年続けてたバイトを今日で辞めました。引っ越すからです。

前々から書いていたように、春からバイトしてたレンタルショップが夏に潰れたので、流れでリサイクルショップに入りました。そこを約半年続けてたわけなんですが…

 

本当にクソだったッッッッ!!!!!

 

一番糞だったのは、力仕事が異様に多いこと。

ぼくは自慢じゃないが非力だ。大学のバカ女に腕相撲で負けたくらい非力だ。同期の男には2秒持たなかった。

そんなぼくに力仕事ておまwちょwwwwwいみふwwwwwwwwwwwwうはおkwwwwwwwwwwwwww

で、そんな力仕事でヒーヒー言ってるぼくとは別に、同じバイトのおばさんたちは談笑しながら服を弄っている。この図が最高に腹が立つ。

冷蔵庫を運んどいてwとか平気で言ってくる。お前がやれやと何億回思ったかわからない。半年で何億回も思ってるってことは、きっと休日にすらお前がやれって思いを馳せていたんだろうな。

しかもおばさんたちは常に談笑している。非常にうるさい。うるさい上につまらない。おばさんの会話が面白いわけないのだが、つまらない&つまらない。

で、おばさんたちは基本的にぼくに興味がないし、仕事もぼくと全く関係ないことしてるから接点もない。ぼくが買い取った商品について悩んでいても相談できる相手は店長しかいないわけだ。

まるでぼくだけ無支援で戦わされてる傭兵のような気分だ。こう書くとドチャクソカッコイイな。そうだ、ぼくはバイト先で孤独な傭兵だったのだ―…

 

そして先程書いた店長も、結構ガバガバな人だった。

「前も言っただろ?」初耳

「毎回言ってんじゃん」初耳

「これお前の仕事だろ?」初耳

こんなことはザラだ。

ぼくがなにかミスを犯せば説教だが、おばさんのミスには一切口出ししない。

ぼくが物を広げていると説教だが、おばさんが物を広げていても談笑している。

確かにぼくも相当なポンコツなんだが、理不尽ここに極まれりといった待遇だった。

客の愚痴なんて間違っても言えない。どれだけ客から理不尽な扱いを受けても、店長にかかればぼくが全て悪くなってしまうのだ。

 

中でもしんどかったのは

「息荒くしすぎwそんなに大変じゃないだろ」

なんでお前はぼくの呼吸にすら注文つけてくんだ??????????

 

「すみません、って言いすぎ。」

こっちは文末の定型文として使ってんだよwwwwwwwwwwwww敬具と一緒じゃボケwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

「階段の段数は登る時に数えとけよ。ほら7段だろ?」

1.2.3......8段じゃねえかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

「留め具の位置はちゃんと横に合わせろよ…ちゃんと見てないから合わせらんないんだよ…ん?」

お前のやつがズレとんのじゃぼけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

これだけ言われても何一つ言い返さなかったぼくに拍手を送りたいな…

こんな扱いを受けててバイトに精を出す訳がない。できるだけ頭を空っぽにして働くのが生き延びる術だったよ。それでも本気でバックレようかと思った日もあった…

 

そんなバイトが今日終わった。

つまりばお(笑)ってやつだ。

せめてもの供養に愚痴をここに記してすべて終わらせよう。

孤独な傭兵…ここに眠る…